コラム

年齢肌対策化粧品とは?

「何だかシワが多くなってきた…」
「肌のくすみが目立つようになってきた…」

という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

年齢を重ねてくると、今までのお手入れ方法と同一の方法ではシワやたるみがどうにもならないことも多いですよね。

加えて、今まで普通肌だったのに、肌バリアが弱まって敏感肌になったりということも頻繁に起こります。

年齢肌対策化粧品とは?


年齢肌とは、美肌の条件とされる「うるおい」「ハリ」「透明感」のいずれもかけている肌の状態を言います。

避けて通れない道ではありますが、少しでも進行を遅らせたりすることは可能です。

そこで、年齢肌対策化粧品とは何かをここで改めておさらいしていきましょう。

「年齢肌」を加速させるのは5つの要因

年齢肌の加速させる要因は次の5つです。

紫外線
太陽の光などの紫外線によりメラニンが作られるだけでなく、細胞が傷つけられる
活性酸素
ストレスや大気汚染、喫煙などによりそれらと戦おうとする活性酸素は細胞を傷つけたりさびつかせたりしてしまう
炎症
叩いたりマッサージしたり、刺激が原因で引き起こされる
血行不良
スムーズに血行がながれないと、皮膚に酸素や栄養が行きわたりにくくなる
女性ホルモンの減少
女性ホルモン、特にエストロゲンはうるおっていてみずみずしい肌の印象に影響を与える。
年齢肌対策化粧品はいずれかの原因に作用し、あなたの肌を守ってくれる化粧品なんです。

活性酸素を除去し炎症を抑え、美白対策が出来るのが年齢肌化粧品

年を取るのは仕方がないとしても、年齢肌を加速させる「紫外線」「活性酸素」「炎症」に対しては、粧品でも対処ができるのです。

どのように対処するかというと、

紫外線
保湿して適度な潤いを与えることで、肌のバリア機能を自然に高める。
活性酸素
抗酸化作用のあるビタミンEやプラセンタなどを使用し、表面からも取り除いて肌表面の老化を防ぐ
炎症
乾燥でさらにひどくなるので、セラミドなどの成分で保湿する
このような形で対処して、肌の老化を少しでも遅らせることが年齢肌対策化粧品の意義になります。

年齢肌対策化粧品に期待できる効果


年齢肌対策化粧品は、「紫外線」「活性酸素」「炎症」などの年齢肌を加速させる要因に対してのアプローチが可能です。

しかし、年齢肌対策化粧品は、年齢肌を加速させる原因ばかりではなく、それ以外にも肌にいい影響を及ぼします。

具体的にどのようなものなのか、年齢肌対策化粧品に期待できる効果についてまとめてみました。

透明感のある肌になる

年齢を重ねると、だんだんと肌がくすんできます。

くすみの原因はいくつかありますが、よく年齢肌化粧品に配合されているプラセンタエキス、ビタミンC誘導体、アルブチン、ナイアシンなどは透明感を生み出す美白有効成分としても使用されています。

これらの美白有効成分は、メラニンを還元してくれたり作りにくくしてくれるのでシミを目立たなくする効果が期待できるので、透明感のある肌を手に入れることができます。

小じわの改善

ちりめんジワと呼ばれるしわは表皮性のしわであり、乾燥が原因で出来ます。

年齢肌対策化粧品には、セラミドやヒアルロン酸などの水分保持力のある保湿成分が配合されています。

セラミドなどの保湿成分が入っていると乾燥を防ぐことができ、結果的に小じわを予防できる効果が期待できるのです。

肌の錆びつきを抑える

紫外線などの外部刺激があると、肌を守ろうとして大量の活性酸素が体内に作られます。

このように活性酸素が多いと、肌の細胞を酸化させ傷つけてしまいます。

しかし、年齢肌対策化粧品に入っている

ビタミンC誘導体
ナイアシン
アスタキサンチン
甘草エキス
などは、抗酸化力が強く、活性酸素を除去して肌の錆びつきを抑える働きをしてくれます。

年齢肌対策化粧品は肌の錆びつき防止にも効果を期待できるのです。