コラム

保湿系クレンジングとは?

毎日のメイク落としには、クレンジングが欠かせませんよね。

クレンジングでメイクを落として、洗顔をして…清潔で健やかな肌を保つためにしているはずなのに、洗った後には肌がつっぱっていることありませんか。

「肌がすごく乾燥している感じがして、洗い上がりがピリピリする…」

洗顔の後そんな風に感じている方は、クレンジングの刺激が強すぎて、かえって肌にダメージを与えているのかもしれません。

「もっと肌に優しいクレンジングを使いたい」
「メイクはしっかり落としたいけど、乾燥は避けたい」

そうお考えの方には、保湿成分を配合した保湿系クレンジングがおすすめです。

保湿系クレンジングは、通常のクレンジングと洗浄力は変わりませんが、肌を保護する保湿成分が含まれているので洗い上がりがマイルドになり、クレンジング後の乾燥も軽減できます。

保湿系クレンジングとは?


保湿系クレンジングとは、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだクレンジング製品のことです。

通常のクレンジング製品と比べて洗浄力は変わりませんが、保湿成分により肌の潤いを守りながらメイクを落とすので洗い上がりがマイルドで、肌への刺激を避けたい乾燥肌や敏感肌の方が選ぶことが多いようです。

とはいえ、クレンジングと名が付くので、使い方や役割はそう変わらないような気もしますよね。

では、通常のクレンジングと比べて、保湿系クレンジングとは具体的に何が違うのか、その特徴などをまとめてみました。

クレンジングは強い刺激になる

一般的なクレンジングの役割は、肌に残っているメイク(油分)を落とすことです。

化粧品は、化粧崩れなどを避けるために簡単には落ちないよう油性のもので作られていることが多いです。

最近はカバー力や紫外線カット効果、化粧崩れ防止などが強化された化粧品も多く、そうしたものはより落ちにくくできています。

こうした油分を落とすには相応の洗浄成分を使用する必要があり、肌に負担をかけてしまうことになります。

クレンジング製品には、メイク(油分)を落とすための「油」と「界面活性剤」は必ず使われています。

しかし、それらは通常肌にある皮脂まで落としてしまうので、使われている量が多ければ多いほど肌へのダメージとなってしまうのです。

さらに、通常クレンジングの後には洗顔をするので、2重で肌に負担をかけることになります。

クレンジングや洗顔による強い刺激は、本来肌を守り健やかに保つ役割のある皮脂膜を取り、肌のバリア機能を弱めてしまいます。

その結果、水分が肌表面から逃げやすくなって乾燥したり、肌を守る皮脂膜がなくなることで少しの刺激でも炎症を起こしたりする原因になります。

このようにクレンジングは、肌にとって乾燥や炎症を招く可能性があるものなのです。

保湿系クレンジングは比較的肌に優しい

クレンジングがもつ強い洗浄力による乾燥や炎症が、どうにか和らがないかと各メーカーが出しているのが、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を配合した保湿系のクレンジングです。

これらの保湿成分は、水分を閉じ込めて逃がさない働きのあるものや、水分を保持する力が強いものなどがあり、肌に水分を留めておく効果があります。

保湿成分を配合していることによって、肌に必要な潤いをできるだけ失わせずにメイクを落とせるので、洗顔後の洗い上がりがマイルドになり、ツッパリ感を軽減してくれます。

加えて、これらの保湿成分は肌表面を覆って皮脂膜の代わりとなり、肌を保護する役割もあるため、比較的肌に優しくできています。