化粧品

プラセンタ配合美容液の効果的な使い方

さまざまな美容効果が期待できるプラセンタ配合美容液ですが、使い方ひとつで良くも悪くもプラセンタの働きに影響を与えます。

ここでは、プラセンタの働きを効果的にする美容液の使い方やポイントについて解説します。

「すでにプラセンタ配合美容液を使っているけど、いまいち効果が実感できない…」という人も、ぜひ参考にしてください。

ピンポイント保湿をする

プラセンタ配合美容液を全体的に塗布したら、目元と口元に重ね塗りをしましょう。

目元と口元は皮膚が薄く、皮脂腺や汗腺が少ないために乾燥しがちです。

また、目元の場合はメイクを落とすとき、口元の場合は食べたり飲んだり…と動かす機会が多いので、うるおいを保つのが難しいと言えます。

そして、乾燥しやすい目元や口元はシワができやすいパーツなので、プラセンタ配合美容液をつかったピンポイント保湿でしっかりケアしていきましょう。

入浴後は素早く塗布する

お風呂上りにそのまま過ごしていると、入浴前よりも乾燥した過乾燥状態になります。

タオルドライをしている間にも肌はどんどん乾燥してしまいますし、乾いた肌に美容液を使っても成分が浸透しにくいため、入浴後は素早くスキンケアに移行するようにしましょう。

入浴直後の肌は、角質が柔らかく血行も良くなっているので成分の浸透が良くなるベストタイミングです。

まとめ

プラセンタには、アンチエイジングやシミの予防、乾燥ケアや肌荒れ予防などさまざまな美容効果が期待できます。

そんなプラセンタを効率良く肌に届けたいなら、プラセンタを配合した美容液がおすすめです。

プラセンタを配合した美容液にもたくさんの種類があるので、原料や抽出法、相性のよい成分をチェックしてあなたの肌にぴったり合う美容液を見つけてみてください。