その他

バスタイムに美と健康をつくる方法

お風呂にポン!と投入し、ゆっくりお湯につかっているだけで、いろいろな美容効果や健康効果、香りによるリラクゼーション効果などが得られる入浴剤。

でも実は、使い方を間違うと、入浴剤の効果を100%実感することはできない…ということをご存じでしょうか?

そこでここでは、入浴剤を効果的に使用する方法と、その効果をさらに高める湯船でのマッサージ法などをご紹介します。

入浴剤の効果的な使用法

入浴剤は基本的にお湯に入れるだけでOKなのですが、下記のポイントをおさえておくことをおすすめします。

38度くらいの「ぬるめのお湯」に入れる

41度を超える熱湯では入浴剤の有効成分が壊れ、効果が発揮できなくなる場合があります。

またぬるめのお湯の方が、リラックス効果が得やすいというメリットも。

炭酸系入浴剤は完全に溶けてから入浴する

完全に溶かしてから入浴することで、有効成分を全身で受け取ることができます。

投入後、2時間以内に入浴を完了する

時間が経ち過ぎると入浴剤の効果が失われてしまいます。

長風呂は避ける

入浴は15分程度を目安に切り上げましょう。

あまりにも長くつかっていると、湯上りの肌が乾燥しやすくなります。

入浴後、シャワーで洗い流さない

入浴剤に配合されている保湿成分などが洗い流されてしまうので、シャワーで洗い流さずにそのままお風呂を上がりましょう。

湯船で行う簡単マッサージ

湯船につかったり入浴剤を使用したりすることで血液の循環は改善されますが、心臓から遠い足は血の巡りが滞りやすいので、簡単なマッサージでめぐりを促してあげると入浴効果がさらに高まります。

マッサージといっても特別な用品やグッズは不要、ハンドケアでOKです。

マッサージする順番は、心臓から遠い足の裏から始めてください。

足の裏

足の裏の土踏まずの中心エリアを親指でグッと押し込みます。

ふくらはぎ

足を伸ばして、ふくらはぎを両手でもみます。

ふくらはぎの上部・中部・下部の3点を親指で押します。

太もも

太ももを両手でつかみ、手のひらで押しながらもみます。

太もも全体をまんべんなくもみましょう。

まとめ

入浴剤といっても、本当にさまざまな効果効能があり、種類も多種多様。

心地良い香りによるリラクゼーション効果があるのはもちろん、美容やヘルスケア面でも良い影響をもたらしてくれることを考えれば、入浴剤は日々の生活をより良い方向に導いてくれるアイテムともいえますね。

入浴剤を入れないという選択もありますが、水道水に残っている塩素は肌の刺激になりやすいので、入浴剤を入れると肌にやさしいお湯がつくれるという利点もあります。

スキンケアやヘアケアと同じように、香りの良い入浴剤を毎日の習慣にしてみませんか。