化粧品

ニキビ対策におすすめのクレンジングの種類

クレンジングには、種類によってメリットとデメリットがあります。

もっとも、ニキビの予防に適切なクレンジングは一つに絞れないため、それぞれのメリットやデメリットを把握した上でクレンジングを選ぶようにしましょう。

メリット デメリット
クレンジングオイル クレンジング力に優れている/皮脂や古い角質とよくなじむので毛穴汚れを取り除きやすくする/スピーディーに使用すれば肌が乾燥しない 使い方次第で肌が乾燥する/脱脂力が高く乾燥肌や敏感肌の人に不向き/滑るようなテクスチャーで摩擦が起きやすい
クレンジングリキッド 化粧水のようなみずみずしい使用感/オイルフリーのものもあり肌のうるおいをしっかり守る/保湿成分を豊富に含んでいる 界面活性剤の配合量が多い/滑るようなテクスチャーで摩擦が起きやすい/一般的にアルコールの配合量が多い(アルコールフリーもある)
クレンジングジェル 厚みのあるジェルで肌に対する摩擦ダメージを軽減できる/保湿成分を豊富に含んでいる クレンジング力がやや弱い/水系タイプは界面活性剤の配合量が多い/粘性がありやや固めのテクスチャー

ニキビを予防するクレンジングの使い方

ニキビを予防したり、すでにできてしまったニキビの悪化を防ぐためには、クレンジングの使い方にも注意が必要です。

ここでは、ニキビを予防するクレンジングの使い方についてポイントを紹介します。

使用量を少なめにしない

クレンジングの使用量が少ないと、手に力が入りやすくなり摩擦ダメージが起きやすくなります。

また、一度でメイク汚れをきちんと落とすことができないので、使用量は適量を守るようにしましょう。

適量を守ってもクレンジングでメイクが落ちにくい場合は、洗い流す前に濡れた手で肌に塗布したクレンジングを乳化させると良いでしょう。

落ちにくいメイクはポイントメイクリムーバーを

クレンジング力の高いものは避けたいのに、落ちにくいメイクがあると困ってしまいますね。

はじめからクレンジング力の高いものを使えば解決するかもしれませんが、かえって肌が乾燥したりニキビのできやすい環境を作る可能性もあります。

そんなときは、ポイントメイクリムーバーを併用してクレンジング前にポイントメイクを落としましょう。

また、ポイントリムーバーを使用しなくても、美容オイルで代用することもできます。

ポイントメイクリムーバーや美容オイルは、コットンや綿棒に浸して丁寧にメイクを落としましょう。

まとめ

ニキビを予防したり、悪化を防ぐ場合にはクレンジング選びが大切です。

クレンジングの選び方によって、ニキビのできにくい肌を目指すことができますし、肌に負担をかけることなくメイクを落とせばニキビの悪化を防ぐことにもつながります。

健康的な肌質をキープしたい人、また繰り返しできるニキビに悩んでいる人は、毎日使うクレンジングを見直してみましょう。