その他

ナチュラルカラコンにまつわる疑問

カラコンは目に悪い、と様々な雑誌やネットで書かれていますが、それは本当なのでしょうか。

本当だとしたらなぜ目に悪いのかなど、カラコンにまつわる疑問について解説していきます。

ナチュラルカラコンは目に悪い?

カラコンはナチュラルな色合い等にかかわらず、目に入れる以上、視力が低下してしまう可能性はあります。

しかし、視力矯正用のコンタクトレンズも同様のことが言えるため、カラコンに限った話ではありません。

カラコンを使用する場合、適切に管理し、短時間で使用するようにして、衛生環境が保たれていれば深刻な目へのダメージは軽減できるとされています。

ですので、カラコンだから目に悪いというわけではありません。

どちらかというと、眼科に行かなかったり汚い手で触ってしまったりという、人的な被害の方を防ぐことが大切になってきます。

ナチュラルカラコンを使うと失明する?

カラコン自体は、厚生労働省に認可され、国から認められたものである以上、カラコンを使っただけで失明するとは考えにくいです。

しかし、一部粗悪なカラコンが存在し、カラコンの色素がしみだしているなどといった商品があります。

その場合、目にダメージを負うだけではなく、失明に至るケースも出てくる可能性があります。

そうした商品を誤って買うことを防ぐためにも、カラコンレポやレビューなどを見てよく確認し、眼科で専門医に相談してみるといいでしょう。

ナチュラルカラコンの色は目に染みださないの?

カラコンはナチュラルなものに限らず、大抵がサンドイッチ製法という色素を挟み込むことによって出来ています。

その上、「高度管理医療機器」に指定し厚生労働省がチェックして安全かどうかを確認しているので、しみだすことは考えにくいです。

しかし、そういうカラコンが一部存在するというのも事実としてありますので、信頼できるメーカーかよく確かめたうえで、レポやレビューなどの評価を参考にするといいでしょう。

その他、実際に手に入れ、擦り洗いを何度かしてみて様子を見てみるという方法もあります。

どちらにしろ、レンズを洗浄することは必要ですので、目に入れる前に試してみるといいですね。

ナチュラルカラコンのメリット

いわゆる「盛れる」要素の少ないナチュラルなカラコンですが、普通の高発色のカラコンと違い、メリットはどのようなところにあるのでしょうか。

ほんのちょっと違う自分になれる

ナチュラルなカラコンは、少しだけ目を拡大したり、少しだけ色を変えることによって、普段とは少し違う自分になれるというメリットがあります。

デカ目になるためにフチ取りがしてあったり、高発色だったりと盛りすぎると誰だかわからなくなることもありますが、ナチュラルカラコンでは自然な仕上がりになるので普段の服にも合わせやすく、少しだけ違う自分になれます。

気分を変えられる

少しオシャレしたいとき、外出したいとき、友人に合う時などは、カラコンを付けて少し違う自分になることによって、気分を変えることが出来ます。

いくつかテイストの違うナチュラル色のカラコンを持っていて、いざという勝負時に、少しオシャレをしたいときになど、シーンに合わせて付け替えられるのが魅力です。

コーデやメイクの幅が広がる

普段とは違うオシャレをしたい、という欲求がある時にカラコンをつけると、コーデやメイクの幅が広がります。

例えば服の系統をごっそり変えるとなると時間もお金も必要になってきますが、普段より少し薄くメイクをしてナチュラル色を強くする、あるいは逆に、普段より濃いめのメイクをして少しオシャレをして出かけることくらいなら、容易に出来ますよね。

簡単なイメチェンをすることができるので、ファッションカラーに合わせてカラコンを変えるなど、オシャレへの意識が高まることもプラスのメリットとして挙げられます。

メイクも普段しないようなアイメイクが出来れば、気分も盛り上がります。

カラコンの種類

カラコンと一言に言っても、製法や使い勝手など、様々なものが発売されています。

ここでは、カラコンにはどのような種類があるのか、製法や使用期間などを紹介していきます。

3つの製法

カラコンの製法には、サンドイッチ製法、プリント製法、浸透製法という製法があります。

それぞれどのようなものかというと、

サンドイッチ製法
コンタクトレンズの素材の間に色素を挟ませ、挟み込んで一つのレンズにする製法。

プリント製法
色素を直接コンタクトレンズにプリントする製法。薄く仕上がるが色素が漏れだす可能性が高い。

浸透製法
色素をコンタクトレンズに浸透させる製法。プリント製法と同じく薄く仕上がるが色素が漏れだす可能性が高い。

このような特色を持っています。

現在の主流はサンドイッチ製法ですが、中の色素がしみだしにくいというメリットがある分、色素をレンズで挟むので厚みがあるレンズになります。

使用可能期間も異なる

カラコンの使用可能期間は、1日、2週間、1か月、3か月、1年などがあります。

1日使用のものは一度つけて外したらもう付けられませんが、2週間以上の使用期限のものは、コンタクトレンズの洗浄液を用いて洗って保存すればまた使用期限まで使えます。

衛生的なのは1dayと呼ばれる1日使用のものですが、2週間以上のものは何度でも洗って使えて、費用対効果が優れています。

ただし、目の健康を考えるという意味では1dayタイプの方が安心感がありますね。