クレンジング

オールインワンクレンジングの効果的な使い方

オールインワンクレンジングは、W洗顔が不要で肌に優しいなどのメリットがありますが、より肌に効果的に使うにはどのようにしたらいいのか、ここで解説していきます。

多めに使い、短い時間で洗う

クレンジングを使う時、どの程度の量を普段手に取っているでしょうか。

クレンジングは皮脂を根こそぎ取ってしまうというイメージがあるので、少なめに手に取っている、ということがあれば今すぐ改めてください。

メイクを落とす時に大事なのは、肌への負担を最小限にしながらしっかり皮脂と一緒にメイクを落とすこと。

それを実現させるためには、多めのクレンジング剤を使い、手が直接肌に触れないように注意しながら、短い時間で落としきることが大切になります。

説明書に容量が記載している場合は、その分量が一番メイクを落とせて肌への負担も少ないやり方ですので、そちらに従うようにしてください。

擦りすぎないように注意する

最近ではオールインワンコットンシートのような、メイク落としから化粧水の役割を果たすオールインワンのクレンジングシートがあります。

しかし、シートで拭き取る際に肌へ刺激を与えてしまうと、肌を守ろうとメラニン色素が過剰に作りだされます。

過剰に作られたメラニンは、肌のターンオーバーが正常に行われていても排出されず、ずっと肌に残り続けることになります。

それが原因でシミになりやすくなるのです。

そのため、クレンジングはオールインワンタイプのものを用いて、擦りすぎないよう指ではなく力があまり入れられない手のひらを使うなど、工夫して洗顔することをおすすめします。

洗顔は1日2回きちんと

擦りすぎるのが禁物であれば、『洗顔をしない方が良い』または、『水での洗顔の方が良い』などの情報もありますが、洗顔はきちんと皮脂とメイクを落とすために必要なものです。

古い皮脂は水では落とすことはできません。

また、メイクをしていてもしていなくても日々たまっていくものです。

そのような皮脂を放置しておくと肌の新陳代謝を妨げる原因になりますので、朝と夜の1日2回はきちんと洗顔をして、肌に余分な皮脂を残さないように気を付けることが大切です。

特に、夜はメイクの汚れもあるので、しっかり落とすようにしましょう。

メイクしない日も使用する

メイクのしない日は洗顔をしない、という人もいるかもしれませんが、メイクをしていなくても皮脂の汚れはたまっています。

そのため、洗顔をしてきちんと皮脂を落とすことが大事です。

洗顔をすると気分もさっぱりしますので、メイクをしない日も、洗顔をしてきちんと皮脂を洗い流しましょう。

しっかり洗顔をしないことによるデメリット

皮脂を落とし過ぎると乾燥してシワやシミになる、という情報がネットにありますが、それは間違いです。

逆に、皮脂をきちんと落とさないと、様々なデメリットを引き起こすことが明らかになっています。

どのようなデメリットがあるのか、順番に解説していきます。

過酸化脂質が増える

過酸化脂質とは、脂質が酸化してしまったものを指します。

活性酸素がこの過酸化脂質を作る大元になっているのですが、何よりも皮脂をきちんと落としていれば過酸化脂質が増えることはありません。

過酸化脂質があると肌が錆び付いたり、ニキビが増える原因にもなるので、きちんと皮脂を落とすことが大切です。

シミが増える

きちんと洗顔をしないと過酸化脂質が増えてしまいますが、この過酸化脂質はメラニンを変形させて濃くする働きもあります。

つまり、シミが増える可能性が高くなるのです。

代謝が悪くなり、肌のターンオーバーも遅れがちになるので、排出できなかったメラニンがたまり、濃いシミが目立つことになる原因となりえます。

肌が敏感になりやすくなる

敏感肌は洗顔をしない方が良い、などということも言われていますが、それは間違いです。

敏感肌でも乾燥肌でも、きちんと汚れや皮脂を落としてあげなければ過酸化脂質になってしまい、肌のトラブルを招くもとになります。

もともと敏感肌の方が余計に敏感肌になってしまう可能性がありますので、敏感肌だからこそ、きちんと手入れをしてあげて汚れは落とすようにするべきなのです。

まとめ

オールインワンのクレンジングは手間が省けるうえに肌への摩擦も少なく、肌にとっても経済的にもとてもコスパの良いアイテムだと言えます。

ただし、しっかり皮脂が落ちるかどうかは実際に体感してフィードバックを得なければわかりません。

敏感肌の方など、無添加でも反応が出る場合もありますので、まずは自分の肌で試してみて、最適なクレンジングを見つけてみてくださいね。