化粧品

オーガニック化粧品の効果

ここでは、オーガニック化粧品が、私たちの肌に与える効果を解説していきます。

植物のパワフルな成分がもらえる

オーガニック化粧品に含まれる植物は、農薬を使っていない、自然のままのものも多いです。

それらに入っている植物の成分を化粧品にしているので、植物に含まれる抗酸化作用なども一緒に摂り入れることが出来ます。

肌の調子を根本から変える

私たちは普段、自然のものを食べてエネルギーをもらい、生きています。

化粧品も同じで、オーガニック化粧品で自然の力を取り入れると、肌が本来持っている自然回復力を高めたり、サポートしたりしてくれます。

肌の悩みに対して応急処置的なメイクをするような形ではなく、その人が持っている肌本来の調子を整え、肌に「無理させない」ことを実践できる化粧品を選びましょう。

肌に優しい

オーガニック化粧品の日本での定義はまだ確立されていませんが、たいていのメーカーで石油系の界面活性剤等のケミカル成分を使っていません。

本来肌に不要な成分が極力含まれていないため、肌に優しい処方になっています。

オーガニック化粧品の注意点

オーガニック化粧品は肌に優しい化粧品ですが、それ故に注意しなければならない点があります。

なるべく早めに使う

オーガニック化粧品は、防腐剤などを含んでいないものもあり、冷蔵庫で保管するなど、保存の仕方がケミカル化粧品と異なることがあります。

どのような保存方法であれば化粧品の品質が保持できるのか、自分がその環境を維持できるか、購入の際に店員に確認したり、説明書を読んだりして、事前に把握する必要があります。

また、オーガニック化粧品は保存の仕方にかかわらず、使用期限は短いことがほとんどですので、なるべく早めに使うことを心がけましょう。

普段用と勝負用と分ける

オーガニック化粧品はケミカルのものに比べて、きしんだり乾燥したり、使用感がよくない、という特徴があります。

そのような中で、1日中外出しているのは辛いですよね。また、外出する際には華やかにするためにタール色素入りの口紅を使う必要も出てくるかもしれません。

口紅に限らず、ファンデーションなども、TPOに合わせて、時にはケミカル成分が入った化粧品が必要なときもあるでしょう。

ですので、両方のいいところを生かせるように、オーガニック化粧品は普段用、ケミカル化粧品は外出時の勝負用、など使用用途により分けるといいかもしれませんね。

まとめ

オーガニック化粧品には、定義こそありませんが、自分がどのようなものを使いたいか、という定義はひとりひとり持っているはずです。

そのオリジナルな定義にあわせ、オーガニック化粧品と向き合い、実際に試していけばお気に入りのオーガニック化粧品がきっと見つかるはずです。