化粧品

アトピー肌向け石鹸の使い方

保湿成分を豊富に配合している低刺激の石鹸でも、使い方によってはアトピー肌にダメージを与えてしまうことがあります。

正しい使い方や注意点を把握して、アトピーの症状が悪化しないように優しく洗いましょう。

手と肌の摩擦を避けること

洗うときに特に気をつけたいのが、肌への摩擦ダメージです。

摩擦ダメージによって健康な角質が傷つくとアトピーの症状が現れやすくなるため、石鹸を十分に泡立てましょう。

また、泡立たないタイプのジェルやミルクを使用する際は、使用量を少なめにしないようにするのがポイントです。

32℃前後のぬるま湯で洗い流すこと

石鹸を洗い流すとき、なんとなく湯温を上げて洗い流すと汚れがしっかり落ちそうだと思い込んでいる人がいるかもしれません。

しかし、湯温が高いほど肌の水分や油分が失われてしまうため、肌が乾燥してアトピーの症状を悪化させる可能性があります。

洗顔の際は、顔につけて少しだけヒヤッとするくらい(32℃前後)のぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

洗顔後はすぐに保湿ケアを行うこと

洗顔後は肌の油分が少なくなっているため、乾燥が進みやすくなっています。

洗顔後の肌をそのまま放置しておくのは控え、すぐに化粧水やクリームで保湿ケアを行ってください。

ちなみに、化粧水はコットンよりも素手でつけたほうが成分の馴染みが良く、肌に対する摩擦ダメージを軽減できるので、アトピー肌におすすめです。

まとめ

アトピーの症状に悩んでいるなら、毎日使っている洗顔料を見直してみましょう。

石油系界面活性剤が使われていない石鹸なら、デリケートな肌をいたわりながら清潔な状態をキープすることができます。

肌のバリア機能をサポートする成分や、保湿剤を配合した低刺激の石鹸をぜひ試してみてください。