化粧品

アトピー肌向けの石鹸とは

辛いかゆみで肌が荒れてしまうアトピーの症状。

アレルギーや遺伝、ストレスなどさまざまな原因で起きてしまうアトピーですが、症状を悪化させないためには皮膚を清潔に保つことが大きなポイントです。

しかし、アトピー肌の場合は肌の乾燥によってバリア機能が低下している状態。

バリア機能とは、角質層内の水分と肌表面の皮脂によって外的ダメージの侵入を防ぐ機能なのですが、皮膚を清潔に保とうと過剰な洗浄を繰り返すことで水分や皮脂が奪われてしまい、かえってアトピーの症状が悪化するケースがあります。

アトピーの症状悪化を防ぎつつ皮膚を清潔な状態に保つためには、「刺激性のない石鹸で肌に必要なうるおいを残しながら洗うこと」が大切です。

石鹸は、動植物由来の石鹸素地を主成分としているので肌に対する刺激が少ないのですが、種類によっては脱脂力が強いものもあるため見極め方が肝心といえます。

そこで、ここではアトピー肌向けの石鹸について詳しく解説していきます。

石鹸の種類と特徴

混じり気のない純石鹸

純石鹸とは、動植物由来の脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを原料とした石鹸。

詳しく説明すると、脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98%以上のものが純石鹸と定められており、成分表示に「石けん素地(98%以上)」「純石けん分98%以上」、また「脂肪酸ナトリウム(脂肪酸カリウム)98%以上」と記載されていたら純石鹸であると判断することができます。

パーセンテージに関しては表示していない石鹸が多いのですが、香料や防腐剤など肌にストレスとなる添加物を一切使用していないのが大きな特徴です。

「余分な成分が入っていないぶん肌に優しいのでは?」と思われるかもしれませんが、原料である石鹸素地は弱アルカリ性なので、肌に対して刺激が強いのがデメリット。

また、洗浄力が非常に高いため、アトピー肌や敏感肌、乾燥肌の人にはお勧めできません。

健康な肌質の場合は、純石鹸を使って肌がアルカリ性に傾いても、時間がたてば自然と弱酸性に戻ります。

しかし、アトピー肌の場合は使用する時点で強い刺激を感じてしまうため、保湿成分を配合した石鹸で肌をいたわりましょう。

アトピー肌に向いている透明な固形石鹸

「なぜ石鹸には透明なものと不透明なものがあるんだろう?」なんて疑問に思った経験ありませんか?

実は、石鹸が透明か不透明かで肌に対する洗浄力や保湿性を簡単に識別することができるのです。

見た目が透明な石鹸は、グリセリンやスクロースなどの保湿成分が豊富に含まれていることが大きな特徴。

肌に負担をかけないマイルドな洗浄力で、アトピー肌敏感肌乾燥肌にぴったりです。

しかし、不透明な石鹸に比べ泡立ちが悪く、減りが早い傾向にあるため、湿度や温度の高い場所で放置しないよう十分な管理が必要です。

洗浄力の高い不透明な固形石鹸

見た目が不透明な石鹸は、グリセリンやスクロースなど保湿成分の配合量が少なく、割合として石鹸成分(石鹸素地)が多いため洗浄力が強めです。

脂性肌のように皮脂分泌が過剰な人は向いているかもしれませんが、脱脂力の高さを考えるとアトピー肌には向いていないと言えるでしょう。

しかし、必ずしも不透明な石鹸が刺激性の強いものとは限りません。

例えば、見た目が不透明であってもセラミドやアミノ酸のように肌のバリア機能をサポートする石鹸も販売されています。

洗顔石鹸の場合、見た目だけで判断するのではなく配合している成分に目を向けることがポイントです。

固形以外の石鹸

〝石鹸=固形タイプ〟だと思われがちですが、フォームタイプや乳液タイプのように固形タイプ以外の石鹸もたくさん存在しています。

注意したいのは、どんな成分が洗浄剤として配合されているかについてです。

石鹸の場合、動植物由来の高級脂肪酸で作られた界面活性剤が洗浄剤になります。

成分表に「石鹸素地」「ラウリン酸」「ステアリン酸」「オレイン酸」などと記載があれば、間違いなく石鹸の仲間です。

しかし、石鹸以外の洗顔料には石油系界面活性剤が洗浄剤として配合されています。

石油系界面活性剤は台所用洗剤と同じような洗浄剤であり、洗浄力が高く刺激が強いため、アトピー肌や敏感肌の人は特に避けなければならない成分です。

チューブのフォームタイプや乳液タイプなどの洗顔料を購入する際は、石油系界面活性剤が配合されていないかよく確認しましょう。