その他

ほうれい線に効く!?美顔器の種類

美顔器といえば、高価で敷居が高いイメージを持っている人が多いかもしれません。

また、「美顔器をしても本当に肌にいいのかどうか信じがたい」という人もいるでしょう。

ひとくちに美顔器と言ってもさまざまな種類がありますが、多くの美顔器に共通しているのは肌の真皮に働きかけるという点です。

真皮には、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチン、またこれらを合成する線維芽細胞が存在しているのですが、加齢や紫外線の影響で線維芽細胞の働きが衰えたり、コラーゲンやエラスチンが減少すると肌のハリが失われ、ほうれい線やシワができてしまうのです。

一方、私たちが日常的に使う化粧水や美容液などのスキンケアアイテムは、あくまで表皮の角質層までしか成分を浸透させることができず、その奥にある真皮まで成分を届けることができないので、ほうれい線の解消が困難です。

美顔器を使用すれば、スキンケアアイテムでは浸透させることのできない美容成分を真皮にまで浸透させることができたり、表情筋を鍛えることで肌を引き締める効果が期待できます。

まずは、ほうれい線のケアにぴったりな美顔器の種類について、代表的な7タイプを紹介します。

イオン導入美顔器

微弱な電流を使うイオン導入美顔器は、浸透しにくい成分を肌の真皮まで浸透させ、ほうれい線にアプローチすることができる美顔器です。

肌のうるおいをキープする角質層は陽イオンが多いのですが、その内側にある顆粒層は陰イオンが多いため、互いに反発しあい角質層と顆粒層の間に電気の膜が存在しています。

この電気の膜によって、スキンケアアイテムに含まれる美容成分は角質層より奥に浸透させることができないのです。

しかし、イオン導入美顔器を使って電流を流すと、角質層と顆粒層の反発が弱まるため美容成分を肌の深部(真皮)にまで届けてあげることができます。

イオン導入美顔器を使用すれば、手やコットンを使って化粧水を塗布するよりも数十倍の浸透力があると言われているので、コラーゲンの生成をサポートする成分(ビタミンCなど)を補うことでほうれい線を目立たなくさせる効果が期待できます。

超音波美顔器

超音波美顔器は、人の耳には聞こえない音波で肌の内部を振動させる美顔器です。

周波数によって効果が異なるのが特徴で、周波数が高いと古い角質などの汚れを除去する効果が、周波数が低いと肌の奥に振動を与え細胞を活性化させる効果が期待でき、肌のターンオーバーを整えます。

肌のターンオーバーとは、約28日周期で表皮が生まれ変わることを言いますが、加齢や紫外線、ストレスなどの影響で細胞が酸化してしまうと、サイクルが滞ってさまざまな肌トラブルを招きます。

スキンケアアイテムによる保湿やマッサージによって肌のターンオーバーを促すことも可能ですが、超音波には血行を良くする働きもあるため、より効率良く肌のターンオーバーを促すことができるのです。

肌のコンディションを整えるという意味ではほうれい線のケアにぴったりなのですが、イオン導入やEMSなどの機能がプラスされている美顔器を使用すればより積極的なアンチエイジングを行うことができます。

ラジオ波美顔器

ラジオ波美顔器は、肌に電磁波を当てることで血行を良くする美顔器です。

ほうれい線やたるみの原因のひとつに血行不良が挙げられます。

血液に含まれる酸素は全身に栄養を届ける働きがありますが、血行が悪くなることでコラーゲンやエラスチンを合成する線維芽細胞に栄養が届かなくなるため、肌のハリが失われたるみやほうれい線を目立たせます。

また、血行が悪いと体内の不要な水分が排出されにくくなり、この水分が重力となって下に集まることで肌のたるみやほうれい線が目立ってしまうのです。

ラジオ波美顔器による電磁波で血行を良くすることができれば、たるみやほうれい線のケアだけではなく、肌の冷えを解消し肌のターンオーバーを整えます。

ほうれい線のケアに向いている美顔器ではありますが、複雑な仕様なので高価で販売しているケースが多いようです。

EMS美顔器

EMS美顔器とは、低周波の振動によって表情筋に刺激を与える美顔器です。

表情筋が衰えると、肌のハリを支える筋肉が緩んでほうれい線やシワ、たるみを引き起こします。

最近では、パソコンやスマホの普及で人と会話する機会が減っており、表情筋を動かす機会が低くなっていることが指摘されています。

また、表情筋は加齢によって衰えるわけではないため、若い年代の人でも表情筋を鍛えることが大切なのです。

一人で過ごす時間が長い人や、仕事柄会話をする機会が少ない人は表情筋を使う機会が少ないため、EMS美顔器で表情筋に刺激を与えましょう。

レーザー美顔器

レーザー美顔器は、肌の真皮にエネルギーを与えることでコラーゲンの生成を促したり、肌のターンオーバーを促す美顔器です。

レーザーといえば、美容皮膚科でも実際に行われている治療法ですが、家庭用のレーザー美顔器は安全性を一番に考えて作られているため、痛みを感じにくいのが特徴。

線維芽細胞を刺激することでコラーゲンの生成を促し、内側からハリや弾力をもたらしてほうれい線を消す効果が期待できます。

また、レーザーは黒いもの(メラニン)に反応する作用もあり、目に見えないシミの予防・解消にもぴったり。

ほうれい線のケア以外にもさまざまなケアができる優秀な美顔器ですが、他の美顔器に比べると販売数も少なく高価で販売されているケースも。

「これまでいろんな美顔器を使ってみたけど満足できない」という人は一度試してみてはいかがでしょうか。

ローラー美顔器

ローラー美顔器は、肌の外側からマッサージすることで表情筋を鍛えたり、たるんだ肌を引き締める効果が期待できる美顔器です。

特に、リンパの流れに沿ってローラー美顔器を使用すると、不要な水分や老廃物の排出を促してたるみやむくみを解消したり、代謝アップで肌のターンオーバーを整えることができます。

100円ショップで販売されているようなローラー美顔器から、数万円で販売されているローラー美顔器まで種類はさまざま。

最近では、ソーラーパネルを搭載しているローラー美顔器もあり、マイクロカレント(微弱電流)を発生させることでより高い美肌効果が期待できる美顔器も販売されています。

スチーム美顔器

数ある美顔器の中でも、唯一肌に直接当てないのがスチーム美顔器です。

ミスト状の水分を肌に当てることで、古い角質によってゴワついた肌を柔らかくさせるので、スキンケア前に使用することで美容成分が浸透しやすくなります。

乾燥ケアにぴったりな美顔器ですが、ほうれい線に直接働きかけるわけではなく、保湿性の高いクリームを併用しないと逆に肌が乾燥しやすくなるので、あくまでも通常のスキンケアや美顔器にプラスして使うと良いでしょう。