コラム

くすみ対策とは

写真に写った自分の肌色が、なんだか沈んでいる…。
ファンデーションを塗ると色むらが気になるように…。

それは、肌のくすみが原因かもしれません。

30代、40代、50代と年齢を重ねるごとに肌の機能が低下していきますが、それに伴って肌の色も少しずつ変化します。

シミやシワといった明らかなエイジングサインと違って、肌のくすみは徐々に訪れるので変化がわかりにくく、対策が後手後手になりがち。

だからこそスキンケアアイテムの中でも美容成分が濃く配合されることの多い美容液を使って、くすみ対策をすることをおすすめします。

くすみ対策とは


肌がくすむとは一般的に、肌の色が暗く見えたり、肌のツヤがなくなってきたりしている状態のことを言うようです。

肌がくすんでいるのは肌内部で老化や何らかのトラブルが進行しているサインでもあります。

また、肌がくすんでいるというだけで実際よりも老けた印象を与えがちに…。

見た目の面でも肌の健康のためにも、くすみを感じたら放置せず、なるべく早く対策を講じておくほうが良いでしょう。

くすみの種類と原因

肌のくすみの原因は実にさまざまなものがあります。

ここではくすみの原因を大きく6つに分け、それぞれのくすみについて詳しく解説していきます。

いくつかの原因が絡み合って肌がくすんでしまっている場合も考えられます。

さて、あなたの肌のくすみの原因はどれが当てはまるでしょう?

血行不良によるくすみ

肌内部の血の巡りが悪いと、肌が青黒く見え、明るさのないくすんだ肌になっていきます。

大人に比べて子供の肌ツヤが良いのは、血行が良いからでもあるのです。

肌内部の血行が衰えてしまう一つの原因に老化がありますが、それ以外にも、疲れ・ストレス・運動不足・睡眠不足・冷え・喫煙なども血液の流れを滞らせてしまいます。

血行が悪くなると肌の細胞や組織に栄養がしっかりと行き届かなくなったり、リンパの流れも低下するため、老廃物もうまく排出できなくなります。

その結果、肌のむくみ、肌のターンオーバーが乱れ、顔全体が青黒くくすんで見えるようになってしまうのです。

一般的に青くすみと呼ばれ、目の下の青くまも同じ原理で起こります。

このタイプのくすみ肌の改善には、血行やリンパの流れを良くするマッサージなどが有効です。

血行不良の原因のなかでも、とくに喫煙は肌を酸化させてしまうため、シワ・たるみといった肌老化にもつながります。

美肌のためにも禁煙することをおすすめします。

毛穴汚れによるくすみ

毛穴は小さいものですが、顔全体に存在しています。

だからこそ、ひとつひとつの毛穴に皮脂や古い角質が溜まって汚れていると、顔全体の肌が汚れによってくすんで見え、肌色がトーンダウンしてしまいます。

毛穴が汚れる主な原因は、クレンジング・洗顔不足。

メイクをしたまま眠ってしまうのは絶対やめましょう。

また、脂性肌の方は皮脂分泌が多く、毛穴に角栓が詰まりやすいので、適切な洗顔(くすみ洗顔)やスキンケアを心掛けてください。

角栓とは皮脂・ホコリ・古い角質が毛穴に詰まってできるもの。

肌の酸化にともなって角栓も黒くなるため、肌全体を黒っぽくみせてしまうことがあります。

一方で、毛穴に汚れを溜めないためにと「洗いすぎる」のは逆効果です。

肌に必要な皮脂まで落としてしまうと肌のバリア機能が壊れて肌が乾燥し、乾燥くすみやメラニンによるくすみなどにつながってしまいます。

毛穴の汚れによるくすみ対策は、正しい洗顔・クレンジングを習慣づけること、そしてピーリングなどで毛穴のケアをするのが有効です。

メラニンによるくすみ

メラニンとは、紫外線や外的刺激によるダメージを防ぐために肌内部で生成される色素です。

メラニン色素はシミのもとともいわれ悪者にされがちですが、本来は肌を守ってくれるものなのです。

健康な肌の場合、メラニン色素が入り込んだ表皮細胞は剥がれ落ちていくため、メラニン色素のせいで肌がくすんだり、シミができたりすることはありません。

ところが、紫外線などを浴びすぎると、このメラニン色素がどんどん分泌され続けます。

加齢やストレスなどの影響でターンオーバーが衰えた肌は、そのメラニン色素を剥がれ落とすスピードが遅くなるため、メラニン色素を含んだ表皮細胞が肌に定着し、顔全体をくすんだ印象に見せ、シミになっていくのです。

こうしたメラニンが原因で起こるくすみには、美白成分のある美容液でケアするのが有効です。

乾燥によるくすみ

肌の乾燥はあらゆる肌トラブル・肌老化の原因となりますが、もちろんくすみにも良くない影響を及ぼします。

肌が乾燥すると角質層のバリア機能が低下し、肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れます。

ターンオーバー機能が衰えると、肌表面の古い角質がなかなか剥がれ落ちずにどんどん蓄積されていくので、肌の透明感が失われてしまうのです。

また乾燥していることで肌のキメが乱れて肌表面が凸凹になると、それが影になって暗さをもたらしてしまいます。

秋冬になると肌のくすみが気になる…という方は、乾燥が原因で起きるくすみである可能性が高いでしょう。

夏場でもエアコンのきいた室内で過ごしていると乾燥が進むので、夕方になるとくすみが目立つという場合があります。

乾燥肌や敏感肌の方は乾燥によるくすみに人一倍気を付けてください。

このタイプのくすみ対策には、保湿力の高い成分を配合した美容液やクリームなどを用いたお手入れが有効です。

肌の老化によるくすみ

年齢を重ねるごとに、肌を美しく健康な状態に保つための機能が低下していきます。

肌の奥の真皮層では線維芽細胞が衰え、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンといった成分が生成されにくくなり減少していき、肌のターンオーバーが乱れがちに。

ターンオーバーが遅くなっている場合は、本来剥がれ落ちるはずの古い角質が表面に積み重なって角質肥厚の状態になり、肌がゴワゴワして灰色っぽいくすんだ色の肌になってしまいます。

逆にターンオーバーが異常に早くなることもあり、その場合は、まだ未成熟な肌が表面に出てきてしまうため、肌のキメが乱れ、くすみを引き起こしてしまいます。

加齢による肌のくすみは、血行不良やメラニン、乾燥などいろいろな原因が絡み合って起きていることが多いので、対策も多岐にわたります。

肌の糖化によるくすみ

肌全体が黄色っぽい、または茶色がかって見えるくすみは、肌の糖化が原因です。

糖化とは、体の中にある糖質がタンパク質を結合してAGEsという物質になりさまざまなトラブルを引き起こす現象で、昨今は糖尿病や動脈硬化の原因としても知られるようになりました。

実はこの糖化は肌内部でも起きており、若々しいハリのある肌に欠かせないコラーゲンやエラスチンを硬化させてしまうなど、肌の老化に影響を与えています。

糖化によって生成されるAGEsという物質は、黄褐色なので、肌の黄ぐすみ・茶ぐすみにつながります。

糖化によるくすみ対策としては、美容液などによるケアをすると同時に、甘いものや脂っこいものの食べ過ぎないよう気を付けることも大事です。

くすみ対策は、美容液ケアと生活改善が大事

くすみの原因にはさまざまなものがありますが、その対策の基本は毎日のスキンケアと生活習慣にあります。

つまり、肌の外側からのケアと内側からのケアの両方が大事…ということです。

この2点について具体的にどのような対策をすればよいのかを詳しくご紹介します。

くすみ対策①美容液の役割

くすみ対策に有効なスキンケアとしては、美白美容液がおすすめです。

美白化粧水や美白乳液は配合成分に水分も多く含まれていますが、美白美容液はより濃厚に美白有効成分などが配合されているので、より高い効果が期待できます。

メラニンの生成を抑える作用を持つ美白有効成分のほか、保湿力の高い美容成分、毛穴への作用がある美容成分などが配合されている美容液を選ぶと良いでしょう。

くすみは徐々に進行していくトラブルなので、美容液によるケアは根気よく続けていくことが何よりも大切です。

こうした美容液を用いてくすみ対策を続けていくことは、シミやシワの悪化を防ぐことにもつながりますよ。

くすみ対策②生活面で気を付けるべきこと

肌のくすみを改善するためには、何よりもまず「紫外線対策」を徹底しましょう。

紫外線はメラニンくすみの原因にあるだけでなく、肌の乾燥・老化を助長する要因でもあるからです。

また日々の生活においては「十分な睡眠をとる」ことも大切です。

その理由は、肌に本来備わっている健康になろうとするチカラは、就寝中にこそ発揮されるからです。

短時間でも良いので深く眠る工夫をし、肌の血行を高めて透明感のある肌をめざしましょう。

さらに、「バランスのよい食生活」にも気を配ってください。

肌の糖化を進める甘い食べ物や炭水化物は摂りすぎに注意しましょう。

肌のくすみ対策のために抗酸化力の高い野菜や食物繊維の多い野菜を積極的に摂ることは、結果的に健康的なカラダづくりにもつながります。

肌の代謝(ターンオーバー)を高めるために適度な運動をしたり、入浴して冷えを解消したりするのも有効ですよ。

肌に汚れをため込まないためにしっかり汚れを落とすことは重要ですが、肌をゴシゴシ擦ったりするとくすみやシミを悪化させてしまうので厳禁です。

とくに洗顔やクレンジング時に、肌を摩擦したりしないよう気を付けてください。

もちろん美容液などを付ける際も、強く擦り付けたり叩いたりしないようにしましょう。